About Warwick

Warwickは1982年バイエルン州エアランゲンでハンス・ペーター・ウィルファによって設立しました。ハンス・ペーターは子どもの頃から楽器製造と販売に関するあらゆる「秘訣」を身につけました(彼はまさしくFramusの工場の木屑に埋もれるようにして遊びながら成長したのです)。

 

彼は楽器製造に関する深い知識、そしてあらゆる努力をクラフトマンに注ぎこみ、その結果、Warwickを世界で最も信頼におけるベース・ギター・ブランドへと成長させました。のみならず、Warwick製品の販売網をドイツやオーストリア中に張り巡らし、さらにヨーロッパやアメリカのリーディング・カンパニーからの製品も販売しました。Englのアンプや、Rotosoundの弦、Rickenbacker、Seymour Duncan、Heritageの各ブランドは、プレミアム・ブランドとしてWarwickグループからディストリビューションしています。

1995年、Warwickは数世紀に渡る楽器作りの伝統があり、音楽の街として知られるザクセン州マルクノイキルヒェンに移転しました。このため、高いスキルを持つ楽器職人を雇い入れることが容易となりました。また、新工場には最新鋭の製造設備を導入し、これはハンドメイドによる工程とともにWarwickの高い品質を誇る原動力となりました。こうしてWarwickは現在、比肩しうるメーカーがないほどに膨大な種類の製品を高品質で世界中に送り出しているのです。

1982年の創立以来、Warwickはクラフトマン個々人の努力と信頼におけるビジネス・パートナーの助力により大きく成長しました。事業としては、昨今ドイツ経済が減退しているにも関わらず、非常に楽観できる状態にあります。これはひとえにWarwick従業員の職務に向き合う姿勢、世界中のビジネス・パートナーの尽力、そしてWarwickを愛してくださる世界中のミュージシャンによって支えられているのです。そしてこの素晴らしい関係は、未来へも変わることなく続くのです。

2012年、Warwickは創立30周年を迎えました。競合他社が増え続ける中にあっても、Warwickは今後も大きく発展していくことでしょう。現在、Warwick製品は世界50ヶ国で販売されています。このようにWarwickは、あらゆるベース・プレイヤーから常に注目されるベース・メーカーの一社であり、そしてドイツ、ヨーロッパでは唯一のロック産業における弦楽器メーカーとして、今度も楽器産業において独自のポジションを確保していきます。